法人への豊富な導入実績と個人向け目的別レッスンが魅力/レアジョブ英会話

 

2007年にサービスを開始しているのでオンライン英会話レッスン業界では老舗あるいは草分けと言えます。以前は講師出身者が全員フィリピン大学(フィリピン最高峰)なことを全面的に謳っていましたが今は違うみたいです。個人的には他のサービスを経験する中で、大学にこだわらずとも優秀な講師がたくさんいることを知っていたので大学を全面に打ち出すのを止めたのはよい判断な気がします。

トップページで以下のように書いています。

ノンネイティブであるため、英語学習者の気持ちを理解しながら、ネイティブ並みの英語を話すことができることこそ、フィリピン人がオンライン英会話の講師として最適だと考える理由です

すごくいいですね。ネイティブは学習して英語を身につけたわけではないので、「どうやって話せるようになったかわからない」ことがあります。もちろんネイティブはネイティブのよさがありますが、非ネイティブの強みは「非ネイティブがネイティブに通じる英語を身に付ける方法を知っている」ことです。

スポンサーリンク

月額4200円(税抜)から *毎日プランは6,780円(税抜)

毎日プランは5,800円(1日1回、25分)。月8回なら4,200円。

(注)2015.10.5 画像について、あんしんパッケージ(980円/月)を付けない価格のものに差し替えました

rare job_料金表

最低月額料金が税抜4200円(ちなみに意外に税抜・税込を書いてないサービス結構ありますがしっかり明記しているのはすごく好印象。ただし、ページによって表記があったりなかったりするのは残念)ですが、これは毎日ではなく8回/月の料金です(未受講分は最大12回まで翌月に繰り越し可能なので月20回までこの料金で受講可)。

毎日受講できない人にとって8回とはいえ割安な料金が用意されているのは嬉しいですが、レアジョブ内で比べるとお得なものの、他サービスの毎日受講プランと比べると割高に感じなくもないのが正直なところ。

ビジネス英会話コースが日常英会話コースより高いのは教材費の差のようです。

毎日受講できるプランは同業他社に比べると高い部類に入りますが、これだけ競争の激しい業界で高めに設定するのはそれを支払ってもよいと思えるレッスンを提供する自信の表れかもしれません。

会員・レッスン・講師数は頭ひとつ抜けている。

スクリーンショット 2015-05-15 午前9.35.40

長く運営しているだけに会員、レッスン数の実績はさすが。講師数もダントツですが、これは予約のとりやすさにもつながるので利用者にとっては気になるポイントです。

目的がはっきりしている人に魅力的なコース設定

スクリーンショット 2015-05-15 午前9.39.23

オンライン英会話レッスンサービスの多くが日常会話からビジネス英会話を提供していますが、学びたいこと別に適したコースを案内してくれていると講師陣もやるべきことがわかっている印象があって安心できます。

レアジョブを紹介している人たちも特徴的。

スクリーンショット 2015-05-15 午前9.34.35ふだんから英語を使っている人、英語学習を極めようとしている人をプロフェッショナルとして紹介していて、英語学習の必要性について説得力があります。

 

各コースについて、どのようにレッスンを進めていくのか、サポートはどうなのかについてとても詳しくサイト上に書かれており、がっつり英語力をあげようという方にぐっときそうです。

 

関連記事:レアジョブがTOEIC対策コース(600点)をスタート

関連記事:レアジョブが小学校での授業実施契約を締結

関連記事:レアジョブのチャットアプリ”chatty”がトピック機能を追加。もうチャットの話題に困らないかも。

関連記事:レアジョブトップが語る優秀な講師を獲得する仕組みが興味深い。

関連記事:レアジョブが学生(中高生)向けコースを開始。学校の授業はどうなる?

関連記事:レアジョブが英検2次試験対策を試験的にスタート。

関連記事:レアジョブがオンライン英会話向け「すぐに使えるフレーズ800」を発売開始。

関連記事:レアジョブ英会話がオフライン講義も含めた「レアジョブ本気塾」を実施。

関連記事:レアジョブ英会話の英語学習記事アプリが使いやすい。

関連記事:短くてシンプルで覚えやすい。会話にも使いやすそう。|瞬間英フレーズ

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。