アルクのテキストをネイティブに教わる。/アルクオンライン英会話

 

わたしも1000時間ヒアリングマラソンにはお世話になりました。

通信教育のイメージが強いアルクですが、45年の実績を基に開発された学習メソッドにてオンラインレッスンを提供しています。

 

スポンサーリンク

講師はネイティブまたは日本人バイリンガル。

講師は世界各地に在住の英語ネイティブ(米国、カナダ、オーストラリア、イギリスが中心)または日本人バイリンガル。非ネイティブの訛りが気になる方や日本語のニュアンスをうまく伝える英語を確認したい方には嬉しいシステムです。

また、レッスンは24時間から選択可能ですが、講師の居住地が日本に限らず世界中に渡ることも時差の影響で24時間の稼働を可能にしているのかもしれません。公式サイトの講師紹介ページを見ると、米国やイギリス在住の方はもちろん、日本人でスペインやスウェーデン在住の方やアイルランド出身で韓国に居住されている方などがいらっしゃいます。

レッスン後24時間以内に講師からレッスンコメントがもらえるのも嬉しいサービスです。*コメントはマイページにて確認

 

フリートーク以外はアルクのオリジナルテキスト(ダウンロード版含む)を使用。

「ヒアリングマラソン」、「イングリッシュ・クイックマスターzero英会話」の各コースについては別途書籍の購入が必要で、フリートークを除くその他のコースではアルクのオリジナル教材をダウンロードしてレッスンを行います。

書籍のテキストは元々は個人学習用に開発されていると思いますが、ネイティブのサポートがあるのは心強いですね。

受講生の声」を見るとテキストからレッスンで使用する話題を選ぶ形のようで、興味のあることを話すことで会話を楽しめる点・会話に使用する語彙や表現のいくつかはすでにテキスト内で確認できる点が魅力です。

また、講師と会話することで初めて理解できる部分も少なからずあるようなので、「テキスト+実際の会話」の効果は高そうです。

 

利用回数の目安は月4回。

アルクオンライン料金表

画像は公式サイトレッスンページより。

料金表のレッスン回数は4回・12回・20回と設定されていますが、有効期限がそれぞれ1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月となっていることから、毎日利用するサービスというより、週に1回程度の利用を想定しているようです。特に書籍を利用するコースは自習をしっかり行い、理解の確認のためにオンラインレッスンを利用する、という使い方がよさそうです。

 

注意:申込み後のコース変更は不可。

「よくあるご質問」ページ によると基本的に購入後のコース変更、キャンセルはできません。12回以上のレッスンを購入する際には注意しましょう。

レギュラープランコースでは、書籍の購入が必要ない日常英会話・ビジネス英会話・フリートークから予約のたびにレッスン内容を選べるので、公式サイトでも様々な内容のレッスンを受けたい場合はレギュラープランをオススメしています。