英語が苦手だった日本人講師だから頼もしい。|トークモア

 

英会話をやってみたいけどまだ「外国人との会話に自信がない」、「料金はなるべく抑えたい」という方にはぜひご検討いただきたいスクールです。「初心者でも安心!」と謳っていますがそのコピーに偽りはなさそうです。

スポンサーリンク

英語が苦手「だった」講師がいる。

日本人講師が中心のオンライン英会話スクールは珍しくありません。このトークモアのユニークな点は講師に「英語が苦手」だった講師が少なくないことです。講師が日本人である(日本語が理解できる)ことは英会話初心者のパートナーとして大きな利点ですが、さらに「英語が苦手だった」というのはものすごくいいですね。

ネイティブはもちろん、「英語がずっと得意だった」という日本人より「苦手だった」という日本人の方が学習者の苦手ポイントの解決となる引き出しが多いことが予想されますし、そういう講師の方が間違えても恥ずかしくない、と感じる方もいるのではないでしょうか。

例えばこの方は英語は偏差値40だったとか。

あるいは、英語学習を始めた時期が社会人になってからという講師も。「子どものとき海外で生活してたんだからできるんでしょ」みたいな僻みのような言い訳のような逃げ道も通じません。

レッスン代は300円から!

安いと言われるフィリピン人講師のスクールと比べても遜色ない低価格です。コーヒー1杯程度の価格で日本人にレッスンが受けられるのは破格も破格です。ただ、全ての講師のレッスンが300円というわけではなく、650ポイントが必要な講師もいます。

講師一覧ページを確認すると必要なポイントは300ポイントと600ポイントのどちらかのようで、大半の講師が300ポイントです。

予約は、レッスン開始時間の6時間前まで可能(キャンセルはレッスン2時間前まで課金対象外)です。

便利なマイページ機能。

ユーザーはマイページ機能が利用できます。マイページではレッスンのメモ、講師への口コミ投稿、テキストや動画のダウンロード(要ポイント)ができます。特にレッスンのメモは便利ですね。メールでレッスン中のチャット履歴を送ってくれるスクールが多いですが、やっぱり一元管理(ここを見れば全部まとまってる)という場所は楽ですし、楽じゃないと見なかったりしますからね。

ただ、レッスン後にマイページから「完了報告」をする必要があるのはちょっと面倒かもしれません。しなくてもいいんですが、問題なく完了したときだけでなく、もし講師とつながらなかったり、自分が参加できなかったときにはその旨をレッスン後60分報告しなければなりません。報告がなかった場合は「完了」とみなされるようです。個人的には「完了・トラブル報告(確認)」スクール側で自動的にやってほしい機能ではあります。

 

日本人講師が在籍するスクールの中でも、英語初心者の方や英語が苦手だった方にぜひおすすめしたいスクールです。トークモアとしては嬉しくないかもしれませんが、英語にとにかく慣れる場として考えて、少し慣れたら外国人の在籍するスクールを利用する、というコースはなかなか有効な気がします。

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。