学習で報酬GET!コンテンツ(とくに動画)もユニーク。|BeNative

 

わかりやすい特長は「お金がもらえる英語学習アプリ」なんですが、学習コンテンツとしてもとても優秀です。逆に「お金をもらう」ことに重きを置くとかなりしんどく感じそうなアプリです。

たしかにお金をもらえますが賞金が獲得できるのは上位数%のxp獲得者ですし(学習することに5−10のxpが獲得できます)、日本だけでなく世界中のユーザーが対象なのでハードルは決して低くありません。

benative

ちなみに上位数%のxp獲得者以外にも抽選という形で賞金獲得のチャンスがあります。

個人的に考える理想的な使い方は、ガツガツ学習しつつ「気がついたらお金をもらえた」くらいの意識で取り組むことです。少なくとも無料で使えるだけで十分に高いコスパなので。

スポンサーリンク

語彙・文法・リスニングすべてをカバー。

img_5903

コンテンツ内のカテゴリーは「日常会話」や「頻出イディオム」「インタビュー」など学習目的別に分かれていますが、基本的な流れは全コンテンツ共通で

  • 語彙
  • 表現(文法)
  • ビデオ(リスニング)
  • クイズ

で構成されています。コンテンツは違えど構成が統一されているので学習者としては非常にわかりやすい。学習する順番は自由で、たとえばビデオからスタートして後から(ビデオ内で使われている)語彙や表現を確認する形でもOKです。

EXPRESSIONSは面倒だが効果的。

benative

コンテンツの中で”EXPRESSIONS”がいちばん面倒なカテゴリーです。ビデオ内で使われる表現を単語を並べ替えることで学習するのですが、ひとつのフレーズを入れ忘れたらすべて初めから並べ直す必要があります。回答画面には日本語が表示されるので英作文問題でもあるので、繰り返すことでスピーキング(英語で考えるクセ付け)にも効果がありそうです。

 

レベル選択はナシだが上級者にもオススメ。

学習者のレベル別にコンテンツが分かれておらず、コンテンツを画面の表示順に消化していくとかんたんに感じるかもしれません。

英語にある程度自信があるなら「インタビュー集」がおすすめです。

benative benative

実際に企業で働く方たちのインタビュー動画で、話すことを専門にしないいわゆる”普通の英語を話す”ビジネスパーソンたちが登場します。

生の英語なのでリスニングの訓練として最適ですし、それぞれの企業の文化や事業内容について話しているのでインタビューそのものも楽しめます。業種による専門用語も登場するので業界別の語彙や表現を学習するにもいいと思います。

(おそらく)とくに台本などなく話したいように話しているので、使われる表現はかんたんなものばかりではないですが動画に合わせてスクリプトが日本語・英語で確認できるので意味がわからない表現もその場で確認しながら視聴できて便利です。

 

音声アリだが非自動再生。

benative

語彙、表現の各カテゴリーでネイティブおよび自分の発音を確認、比較できます。ネイティブの発音は自動的に再生されず1タップ必要な点が面倒に感じますが自分の声(発音)とかんたんに比較できるのはいいですね。

現時点で未収録の音声あり。

benative

注意すべきはまだすべての音声が確認できないこと。これは今後のアプリアップデートで対応されるのでしょうが確認したい音声が聴けないということがときどき起こりえます。

 

上述の未収録音声について気になるものの、英語学習コンテンツとしては必要十分です。

加えて、アプリ自体は無料かつ世界上位レベルの量をこなせば(あるいは運が良ければ)報酬もゲットできるという点でも楽しく学習できるよう設計された良アプリだと思います。

無料で利用できる一方で課金することでコンテンツの制限解除や広告の非表示にも対応してます。

BeNative ビーネイティブ

BeNative ビーネイティブ
開発元:Smatoos
無料
posted with アプリーチ

関連記事

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。