「25分のフリートーク」が長いと感じるなら「12分のおしゃべり」を。|Sレッスン

 

子どもオンライン英会話”Sレッスン”は子ども英語の「ニッセイト英語教室」による運営です。対面とオンラインの違いこそあれ、「日本人の子どもにどう接するべきか」を知っているのは頼もしいですね。

 

スポンサーリンク

レッスン or おしゃべり。

コースは「25分のレッスン」または「12分のおしゃべり」の2つ。「レッスン」はさらに”レギュラーコース”と”先生におまかせコース”に分かれます。

レギュラーコースは年齢や英語レベルに合わせてテキストを使ってレッスンを行います。あるレベル以上に進むには理解度テスト(有料)もあり、本気で英語を身に着けたい、レベルを上げたい方向けでしょう。

一方、”おまかせコース”は生徒側の要望にそって単発または継続的なレッスンを受講するコースです。講師が用意したオリジナルレッスンの受講も可能です。フォニックスや文法、TOEIC・TOEFL、スピーチや英作文について学習したい場合はおまかせコースを選んだほうがよさそうです。

 

講師/パートナーの国籍は日本人・ネイティブ・フィリピン中心。

レッスンの担当は”講師”, おしゃべりの担当は”おしゃべりパートナー”です。

講師・パートナーははネイティブ、日本人、フィリピン人などが多いです。講師によってレッスン/おしゃべり受講に必要なポイントは異なりますが、単純にネイティブの必要ポイントが多いというわけではなく、経験や能力を反映して設定されているようです。

サイトを見るとおしゃべりパートナーよりも講師の方が多く登録されています。

 

支払はポイントで。継続利用がお得。

レッスンまたはおしゃべりはポイントにより支払います。

月額会員プランまたはスポットプランからの選択です。

月額会員プランは3,000円〜13,000円で3,100ポイント〜13,700ポイントが購入可能、未使用ポイントは翌月まで繰り越せます。

スポットプランは2,200円〜11,000円で2,000ポイント〜10,000ポイントを購入できます。ポイントの有効期限は購入日から31日、有効期間内にポイントを追加購入すると残りポイントの翌月への持ち越しが可能になります。

 

一般的にはレッスンではないおしゃべりを「フリートーク」として扱うところが多い中、Sレッスンは「おしゃべり」として講師(パートナー)と料金、利用時間を明確に分けているところは斬新ですね。

12分という時間設定もちょうどいいです。特に子どもは25分どころか20分もちょっと長く感じがちですし。

「子どもオンライン英会話」ですが「高校英文法」がメニューにあるので、受講対象は1歳から高校生だと思われます。

基本的にはレッスンを受講しながらたまにおしゃべり、という使い方もできるので、「おしゃべり」を英会話の実力チェックとして利用すといいんじゃないでしょうか。

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。