子どもを英語に慣れさせるステップとしてよさげ。/キッズスター★イングリッシュ

 

子どもに英語を習わせようと思っても、思うように英語に興味を持ってくれるとは限りません。

スクールに入れてしまえばとりあえずレッスンは受けるけどあまり楽しんでる様子がない。でも6ヶ月分月謝払ってるし。。。 みたいなケースがあるかと思います。

キッズスター★イングリッシュは「飽きてしまうかも」「“すぐ辞めたい”って言い出すかも」というリスクを避けつつ子どもを英語に触れさせることができそうです。

スポンサーリンク

月6回からスタートできるから無駄がない

1回25分、月6回のレッスンから始められるので、子どもが英語に触れるきっかけとして、あるいは英語に興味を持つか確かめる手段としていいかもしれません。万が一続けるのが難しそうな場合は1ヶ月で受講を止めることも可能です。最大60回/月の受講が可能ですが、現実的には6プラン(月6回)か12プラン(月12回)でしょう。

スクリーンショット 2015-05-27 午後11.09.08

3歳から受講可能

対面ではないので少なくとも時間内はPCの前にいなければなりません。3歳の子が飽きずにPC前に座っていられるかわたしは微妙な気もしますが、講師陣の高い指導力で興味を引きつけてくれるとか。

講師の紹介ページでは各講師の自己紹介動画が見られますが、子ども向けのサービスであることがビシビシ伝わってきます。例えばこちら

マイページで状況はチェック!

保護者用にマイページが用意されるので、子どものレッスン状況や講師への要望(テキストを使って欲しいとか遊びを中心にしたい etc. )をそこから伝えることができます。英語が苦手な保護者も要望を伝えられるようになっているようなので英語に自信がない保護者の方も安心ですね。

体験レッスンは1回

体験レッスンは1回です。オンライン英会話の多くが2回用意しているのに比べると少ないですね。6回で2,980円/月なのでだいたい500円/回となり他のオンライン英会話サービスに比べると高い部類です。

子ども向けサービスなので大人向けとは違うスキルが必要になるでしょうし、割高な料金は講師の指導力への自身の表れかもしれません。

 

キッズスター★イングリッシュの運営会社は高校生以上向けに「Eigo」というオンライン英会話を提供していますが、料金体系は同じなので、子ども向け値段というわけではなさそうです。料金が講師に還元されていてかつ講習や設備にしっかり投資されているとしたら、優秀な講師が集まっている期待は持てます。

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。

**2015.10.2追記 >> タグ情報を追加しました