洋楽と画像で学ぶインタラクティブな英語学習アプリ。|Lyriko

 

音楽で英語を学習したい方は要チェックです。

洋楽の歌詞を表示するアプリはすでにありますが、洋楽の歌詞を使ってインタラクティブにガチの「学習」として音楽を使用している珍しいアプリです。

使用言語は英語、日本語、ポルトガル語、スペイン語から選択できますが、学ぶ言語は英語のみです。

曲の難易度は初級・中級・上級がありますが、初級2曲、中上級各1曲は無料、その他は課金にて利用が可能となります。

学習モードは4つ。各モードを紹介します!

スポンサーリンク

歌詞に合う絵を選ぶ”PICTURE IT”

IMG_2905 IMG_2911

曲を聴きながら歌詞に合う画像をページ下部の4つの画像から選択します。

どの歌詞に対応する画像を選ぶべきなのかわかりにくいのが難点ですが、慣れてくるとなんとなくコツがつかめてきます。歌詞に合う画像を探すために歌詞を理解する必要があるので、無意識にものすごく曲と歌詞に集中してます。

音声と表示歌詞の間違いを探す”IMPOSTOR”

IMG_2906 IMG_2913

流れる曲と画面いっぱいに表示される歌詞とを比べて、曲と異なる歌詞をタップします。たとえば曲は”coming home”と歌っているのに”coming back”と表示されていたりしますのでそんな箇所をさがしていきます。

ちなみにタップすべき箇所だけでなくどの単語をタップしても意味とそれに対応した画像が画面右に表示されるので、歌詞の意味確認も手軽にできます。

表示歌詞に抜けている単語を選ぶ”INTERLUDE”

IMG_2907 IMG_2953

曲の一部の歌詞が表示されていないので、かけている箇所(単語)を3つの選択肢から選びます。じっくり聴けば正解できるので、初心者のかたにも取り組みやすいモードです。

歌詞をタッチして意味を確認する”REFERENCE”

IMG_2908 IMG_2916

4つのモードの中でもっともリラックスして取り組めます。テスト的な要素(正解・不正解)を問うものではなく、画面上部には常に日本語訳が表示され、歌詞をタップするとそれに該当する画像(+日本語)が画面右に表示されます。

ただ曲を聴きながら意味を確認していくことができます。このモードでおおよその英語・日本語を確認してから他のモードに取り組むのもいいかもしれません。

 

上述のように無料で初級の2曲・中級・上級の各1曲の計4曲が利用できますが、さらに曲を利用するには「ソングクレジット」というポイントのようなものが必要になります(1曲20ソングクレジット)。

ソングクレジットは以下の3つの方法で得られます。

  • 課金する
  • 目標を達成する
  • 友だちからギフトクレジットをもらう

「目標」では各モードに一所懸命取り組んでるともらえるので、ずっと課金せずに曲を増やすことも可能です。

課金する場合、20ソングクレジットが120円、最大1,300ソングクレジットが6,000円で購入できます(2015年12月4日現在)。

 

アプリ内の曲を利用するので必ずしも自分の好きな曲を利用できるかはわかりませんが、もしアプリ内の曲に抵抗がなければ英語学習アプリとしてなかなか効果的です。

イメージ(画像)をたくさん使っているのがいいですね。文字だとどうしても実感がつかみにくいですが、画像になることで英語の意味が概念として理解しやすくなります。

 

英語学習アプリとしてはとても珍しいスタイルなので、ぜひ試してみてください。

 

Lyriko

Lyriko
無料
posted with アプリーチ

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。