ネイティブ講師のみ&校舎利用もOK。/新お茶の間留学(NOVA)

 

こちらで紹介しているWOMANオンライン英会話はNOVAのグループ会社による運営でありカリキュラムの監修や講師のトレーニングはNOVAが行っています。講師は全員フィリピン人で、オンラインに特化したサービスです。

「新お茶の間留学」はNOVA本体によって運営されています。

スポンサーリンク

講師はネイティブ・スピーカーのみ。

新お茶の間留学では英語を含む9カ国の言葉を学べますが、いずれも講師はネイティブ・スピーカーのみ。ネイティブの発音にこだわりがある方に安心のシステムです。

個人的にはフィリピン人など非英語ネイティブ講師によるレッスンもたいへん有意義だと思っています。一方で、ネイティブ独特の発音や言い回しについてはネイティブに教わるのがベストとも思います。

アジア人の話す英語は聞き取れるのに、ネイティブの話す英語(洋画や海外ドラマなど含む)はなかなか聞き取れない、というケースがあります。

もちろんドラマなどはスラングを使っていたり聞きなれない表現を使っているせいもありますが、いずれにせよネイティブと話すことで得られる効果も確かにあるので、特にある程度英語の実力がついてきた、と感じる方にはネイティブとのレッスンは効果的です。

レッスンは40分。

グループレッスン、マンツーマンレッスンともに1レッスン40分です。グループレッスンは最大4人なので一人あたりの会話時間もそこそこ確保できます。マンツーマンの40分はかなりガッツリといえます。

とくにフリートークでは40分スムーズに会話できたら十分上級者です。また、「入門コース」や「旅行会話コース」など多くのコースが用意されているようですが、コースに沿ったレッスンでも40分間はなかなか「やった感」のあるになりそうです。

24時間開講。

システムのメンテナンス時間を除いて24時間開講しています(英語、中国語のみ)。

オンライン英会話に一般的な5時〜25時の開講でも十分な方も多いかと思いますが、やはり「24時間」の言葉には安心感があります。コンビニの魅力がその品揃えの豊富さに加えて「いつでも開いてる」ことにあるのと同じですね。

オフラインスクール(校舎)の利用も可。

購入したポイントを使って、全国の校舎でのレッスン受講や異なる言語での受講も可能です。ふだんはオンラインで英語を学習していて、たまに校舎でドイツ語を受講する、といったこともできちゃいます。

対面での会話は相手を目の前にしてこその緊張感もあるので、月に1回くらいは近くの校舎を利用するのもいいかもしれません。

 

レッスン費用はグループレッスン、マンツーマンレッスンそれぞれ受講回数ごとに異なります。

詳しくは公式サイトにてご確認ください。

>新お茶の間留学公式サイト

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。