アパレル販売向けに英会話セミナーが開催。

中国や韓国、台湾を初め、外国人の訪日が増えています。

nippon.comによると2014年の訪日外国人数は1300万人を超え、2年連続で過去最高を更新。

2014年に日本を訪れた外国人旅行者は1341万3600人(推計)で前年比29・4%増加し、2年連続で最高を更新した。このうちアジア地域からの旅行者は1061万人と全体の79%を占めた。中でも東アジアが892万人で66・5%に達する。国・地域別では、1位が台湾の282万人、2位が韓国の275万人、3位が中国の240万人、4位が香港の92万人、5位が米国の89万人。次いで、タイ、オーストラリア、マレーシア、シンガポール、英国の順。
– via nippon.com

また、JTB総合研究所の発表するグラフを見ると2015年1月は120万人、2月は130万人をそれぞれ超える外国人が訪日しており、昨年同月の約94万人、約88万人を大きく上回り、今年も過去最高を更新するのは間違いなさそうです。

 

via: JTB総合研究所 http://www.tourism.jp/statistics/inbound/

外国人が日本を訪れる目的(楽しみ)のひとつに買い物があるが、外国人が日本での買い物を重視する理由はなぜか。THE HUFFINGTON POSTによると、円安に加えて日本で販売するブランド品には偽物がない、という信頼感も動機のひとつになっているとか。

案内やメニュー表示は英語に加え中国語、韓国語の表記も珍しくなくなってきたが、外国人とのコミュニケーションに使われる言語の筆頭は英語。

英語を学びたい販売業の方によさそうなセミナーがこちら
via: PR TIMES

英会話スクールや個人レッスンでもシーン別の英会話を学べるが、アパレルを本業にする企業が展開する英会話レッスンはアパレルで働く人にとってより心強いですね。

個人的にも一般的な会話よりこういう専門的なシーンでの学習の方が覚える単語や表現が限られる分、効率的に学習できると思います。