初心者がイタリア語レッスンを受けて痛感した「やっぱり初心者には日本語が必要」という事実。

 

最近イタリア語の学習を始めました。以前に旅行した際にとてもイタリアが好きになったのと、英語以外の言語を学ぶことに挑戦したくなったためです。

当然ながらイタリア語レベルはビギナーです。ここ6ヶ月ほどアプリを使って単語と文法を覚えてきました。かんたんな文ならなんとなく読めますが、自分から発信するのはあいさつがやっと。会話経験はほぼゼロです。

発信力がまだまだと認識しつつもできないなりにそろそろ会話レッスンをしてみたいということで、イタリア語会話レッスンを受講してみました。

まるっきりの初心者として外国語レッスンを受講した感想を紹介します!

ちなみに今回利用したのはcafetalkです。英語以外の外国語レッスンの受講はcafetalkが便利ですね。

スポンサーリンク

日本語が使えないとレッスンにならない。

上述の通りわたしはイタリア語で発信する力がなく、質問することもできないレベルです。「いまなんて言ったんですか?」とか「〜はイタリア語でどう言えますか?」というのもムリという状況での受講です。

レッスン冒頭のあいさつはなんとかできても、その後の会話が日本語なしでは全く成り立ちませんでした。テキストチャットで送ってもらってもその意味がわからないのでそこから進みません。

念のため日本語のできる講師を選んだのですが、結果的に大正解でした。

いちいち調べる時間が不要。

言ってることがわからない、言いたいことが言えないときにいちいち調べていたら時間がいくらあっても足りません。単語がわからないだけならまだしも、文法も調べないといけないレベルなのでなおさらです。

ですが、講師が日本語を理解できるおかげで「今のはどういう意味ですが?」とか「〜はイタリア語でなんでしたっけ?」とダイレクトに聞けます。講師もわたしのレベルを理解してくれて質問をイタリア語と日本語の両方で言ってくれたりもしました。

この「わからないことの正解が瞬時に確認できる」メリットは予想以上に大きかったです。「あとで調べる」のは億劫になることに加えて記憶への定着もすぐ確認することに比べぐっと下がる気がします。

 

会話にならずとも勉強になる。

そんな感じなのでイタリア語だけで会話することはまだまだできないのですが、レッスンにならないかというともちろんそんなことはありませんでした。

イタリア語での会話のリズムがわかるし、相手の言っていることをすぐに説明してもらえるし自分の言いたいことをリアルタイムで訳してもらえるのはすごくいい勉強になりました。

「言いたいことの翻訳」は自分でもテキストや辞書を使えば可能ですが、なにより”ネイティブに正しい表現を確認できる”ことと”瞬時に正解が確認できる”のはすごく便利です。自分で調べると「ほんとうに合っているのか」不安になることもありますが、ネイティブに直接聞けるのでその心配がないため確信を持って覚えることができます。

 

理想は日常会話レベルの日本語。

オンライン英会話スクールでは講師「日本語OK」のタグを付けている場合があります。注意してください。「こんにちは」とか「もう一回」という日本語だけができるレベルでも「日本語OK」とされる場合があります。

ですが、当然ながら初心者のレッスンに求められる日本語レベルはそんなものではありません。”ふつうに日本語で会話できるレベル”の日本語が必要です。

フィリピンや多国籍講師の在籍するオンライン英会話でこのレベルの日本語ができる講師は極めてまれです。「ほんとうの初心者」は日本人講師のいる英会話レッスンの受講をおすすめします。

日本人講師のレッスンはフィリピンや多国籍講師のレッスンに比べ割高ですが、その価値はあります。少なくともいきなり外国人とのレッスンを受講して絶望するよりずっとマシです。外国人とのレッスンは日本人講師とのレッスンが日本語なしで受講できるようになってからでも遅くありません。

 

今回ゼロレベルで外国語レッスンを受講してみて、改めて「いかに初心者が外国語だけでレッスンを受けるのが無謀か」「日本語付きのレッスンがいかに有益か」を痛感しました。

初心者でもオンラインのレッスンはおすすめできますが、外国人講師のレッスンを選ぶ場合は(日常会話レベルの)日本語が使えるか否かはしっかりチェックしてください。