“1年間で”英語をマスターさせる「TORAIZ(トライズ)」がすごい。

 

何年も英語を勉強しているのにまったく英語が話せるようにならない、あるいは上達した気がしない、と感じる方に朗報です。

「英語スクール」というより「英語道場」というべき「トライズ」がすごいです。

その理由は以下。

  • 1年間で英語を上達させるというはっきりした目的意識
  • 専属の日本人バイリンガルトレーナー
  • 安くない受講料と自信の返金制度

詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

期限は1年。

「できるまでやる」と考えるといつまでもできない、ということになりがちですが、トライズでは明確に「1年」という期間を区切っています。しかもなんとなく1年に設定しているわけではなく、一般的な日本人が英語ができるようになるまでに必要とされる時間からそれまでに学習したであろう時間を引いた時間から、必要な時間を「1,000時間」とし、それを効果的にこなす期間を「1年」としています。

1年で1,000時間の学習だとすると、1週間で20時間、1日3時間。
– via TORAIZ [ トライズ ] 英会話マスター1年完全サポートプログラム

気が遠くなりますね。でもだいじょうぶです。このハードなプログラムをこなすために「専属のトレーナー」がいます。

 

なんでも相談できる専属バイリンガルトレーナー。

トレーナーには日々の学習の報告を行います。トレーナーは適宜コメントやアドバイスにより英語力だけでなくメンタルの部分でもがっちりサポートしてくれます。

トレーナーは「日本人バイリンガル」というのが頼もしい。日本語の微妙なニュアンスや発音の悩みなどは日本人の方が聞きやすいですよね。意味の確認はもちろん、文法の説明、日記の添削など英語学習に関するものならなんでも聞いてOKだそうです。

 

ダメなら返金。

受講開始後30日間で満足しない場合は全額返金、あるいは1年間の受講終了後に英語力がまったく伸びなかった場合は無料で受講期間を3ヶ月延長できます。

最初の30日間でプログラムの良し悪しを判断するのは正直ムリだと思います。なので、この30日で確認すべきは「トライズのプログラムが自分に合うか」です。

トライズでは最低でも週に3回、ネイティブと会話する必要があるとしており、1週間内にプライベート(Skype)で1回、グループで2回のレッスンが用意されています。講師はグループ、プライベート共通です。

30日間がっちり受講して、不安点などはトレーナーにガシガシ確認するのがプログラム成功のコツな気がします。

受講料は初回コンサルティング費50,000円(税別)、月額受講料58,000円(税別、テキスト購入の場合は別途)〜と安くありません。*料金は記事執筆時

ですが、モチベーションが続かない、外国人と話す機会がない、自分が何をすべきかわからない、といった英語学習社が抱えがちな問題点をことごとく解決するシステムがトライズには準備されています。

2月1日に導入された学習進捗システムも便利そう。

”学習報告機能”として、スマートフォン、PCに最適化されたWebサイトにログイン後、学習計画に基づいた学習実績を登録することができる。また、プライベートトレーナーへの質問や学習の状況も同時に報告可能。

また、”学習進捗確認機能”として、日単位での学習時間実績、週・月ベースでの学習時間実績、年間累計の学習時間実績の確認が行える。
– via ict-enews.net

無料のカウンセリングもありますので、気になる方はぜひ検討してみてください!

 

関連記事