レアジョブが英検2次試験対策を試験的にスタート。

ICT教育ニュースによると、

「レアジョブ」の中学・高校生向けコースのうち「英検二次試験面接対策レッスン」を、2015年度第2回「英検」を受験し一次試験に合格した桐蔭学園中学校・中等教育学校1年生に提供し、生徒と教師に対してどのような効果があるかを検証する
– via ict-enews.net

とのこと。

面接を英語で受けるのは慣れていないとものすごく緊張しますが、逆に言えば慣れていればその緊張度はぐっと減らせます。

試験対策はレアジョブの講師とのレッスンなので「英検としてどうなのか」という視点+「英語表現としてどうなのか」ももちろんしっかり見てくれるので安心ですね。

外国人と英語を勉強しているだけでも英語の面接はものすごく有利だと思いますが、さらにそこで英検対策を行っている、というのは鬼に金棒でしょう。

まだ桐蔭学園中学にのみ提供されるトライアルのようですが、遠くない将来に利用校は広がっていきそうです。

レアジョブは先日中高生に特化したコースをスタートさせていますし小学校の授業内での利用も増えています。

参考:レアジョブが学生(中高生)向けコースを開始。学校の授業はどうなる?

参考:レアジョブが小学校での授業実施契約を締結

一般的な知名度はCMの影響でDMM英会話がいちばん高い気がしますが、こういう動きを見ると学生に限っての知名度はレアジョブの方が高い(もしくは高くなる)かもしれません。

英語をもっとも必要とするところにぐいぐい食い込んでいくレアジョブはさすがです。