【体験レビュー】ボストン倶楽部は海外(現地)ビジネスについて話せるのが楽しい。

 

講師は全員ネイティブのボストン倶楽部の体験レッスンを受講しました。
体験レッスンは1回(25分)受講できます。

時間あるいは講師を指定して受講可能時間を確認できます。

朝(5時〜13時)、昼(13時〜22時)の時間帯はそれぞれ8時間、9時間の幅があるので予約が取りやすいシステムではありません。夜(22時〜25時)はまだいいですが、もう少し細かな時間指定があると使いやすいですね。

わたしは朝5時〜6時のレッスンを希望したのですが、そもそもこの時間の対応講師が多くないので特に朝のレッスンを希望される方は早めの予約が必要です。

また、夜の時間帯は2015年10月9日時点で3人ほど(日によって対応講師は異なります)の講師が対応可能ですが、3時間開講の講師もいる一方で日によっては25分のみ開講だったりするので、朝同様にスケジュール調整は早め、かつ特定の講師を希望なら直接さきざきの受講可能日程を確認しておくことをおすすめします。

予約は翌日分から可能です。

予約が完了するとメールにて事前アンケートへのリンクが送られてきます。仕事や趣味、海外旅行経験などについて聞かれます。すべて英語での質問、(おそらく回答も)英語になるので、レッスン前からなかなかハードルが高い。

ですが、個人的にはネイティブと(日本語を使わずに)マンツーマンレッスンを行うにはある程度の英語力は必須だと思うので、英語で記述するアンケートでうんざりするのであれば日本語対応のレッスンを選択すべきなのかもしれません。ボストン倶楽部がそれを意図しているかはわかりません。まともに回答すると記入に30分くらいはかかります。

スポンサーリンク

予約が2回続けてキャンセル・・しかし事後対応バッチリ。

体験レッスンを予約してからSkypeトラブルおよび講師のスケジュールの都合で2回続けてキャンセルとなってしまいました。キャンセルは残念でしたがその後すぐに運営の方および講師の方からご連絡いただき、対応には満足しています。

店舗型のスクールも運営するスクールの場合はその限りではありませんが、ネイティブのオンライン英会話スクールはレッスン予定の講師が急遽キャンセルになった場合にすぐに代替スタッフを案内することが難しいのは仕方がないですね。

ネイティブのよさは英語だけではない。

担当してくれた方は講師経験も豊富で、TESOL(英語講師養成講座)を修了した方でしたが全体的に非常に満足度の高いレッスンでした。

発音はもちろん、質問の内容(こちらが話したくなるトピックを聞いてくれる)、話す割合(講師ばかり話さない)ともに期待通りです。

フリートークが中心でしたが、話題はNOKIA、UBER、Starbucksなどの企業活動について。ビジネス英語に強い講師とのことで、「ビジネスに使う英語」を習うことももちろん可能だと思いますが、上述のような企業活動について話せるのもネイティブとのレッスンのメリットだと感じます(もちろんネイティブであれば誰でもこういう話題が好きだとは限りませんが)。

講師数・レッスン数が少ないのが玉に瑕だが。。

講師数がそれほど多くなく、また各講師の受講可能な時間帯もたくさんあるわけではありません。

確実に希望日または毎日のようにレッスンを受講したいという方は注意した方がいいかと思います。

一方で、気に入った講師がいてスケジュールさえ合えばシステムや料金的にはおすすめできるスクールです。サポートの対応も丁寧でした。
ボストン倶楽部を利用する上でひとつ気になるのが、ログイン情報(メールアドレス・パスワード)が自動入力されず、都度入力する必要があること。

確認したところセキュリティ上の理由であえてそうしているとのこと。この点は割り切りが必要です。

 

関連:イラストが多めのテキストでネイティブとたくさん話す。/ボストン倶楽部

 

*記事内の画像はすべて公式サイトまたはアプリ内のスクリーンショットです。

 

コメントを残す