BBT大学に英語の新シリーズが登場。

産経ニュースによると、完全オンラインでMBAも取得可能な大学BBT大学に英語の4技能(「書く」「話す」「聞く」「読む」)の4科目で構成されているのとのこと。

「自ら発信する」ことを念頭に置いて設計されており、基礎を徹底的に身につけ英語の語感・リズム・発話に慣れることを通して、苦手意識を払拭し、仕事に役立つ実践的な英語力を習得するバックボーンを作ることを目的としています。
– via 産経ニュース

これまでのBBT大学でももちろん英語授業がありましたが、あまりに実践的すぎるためついていけないケースも少なからあったようです。

BBT大学はビジネス英語をオンラインで習得するスクールとして「BBTオンライン英会話」で展開していますが、こちらではどちらかといえば「ミスした際の対応」や「プレゼン」「レイオフ」のようなシーン別のカリキュラム設定でガッツリ基礎を学習するには適していないかもしれません。

新シリーズでは4技能各科目の「基礎」を学べるのでビジネス知識はあるが英語に自信がない、という方には便利なサービスだと思います。

関連:ビジネスの現場を知るビジネス英語スクール。/BBTオンライン英会話

「書く」力をつけるための科目を担当される山田 暢彦氏の著書「絵で見てパッと言う英会話トレーニング」のアプリ版についてはこちらで紹介しています。

関連:考えずに英語が出る訓練。|絵で見てパッという英会話トレーニング(海外旅行編)