【体験レビュー】スキマトークでレッスンを受けてみた。

 

ネイティブスピーカーと都度または定額でレッスンを受講できるスキマトークの体験レッスンを受講してみました。

講師の経験や受講者からの評価がとても充実しておりいい意味で講師検索に迷うかもしれません。
英作文や発音、基礎英語などコースも豊富ですが、各コースで対象の講師が選択できるようになってます。

スポンサーリンク

「無料トライアル」はないが「無料レッスン」がある。

→(実質)無料レッスンあり

スキマトークでは「無料トライアル」の提供はありません。

*2015.9.23追記 >> 会員登録後に自動的に10コイン付与されます。10コイン以下のレッスンを無料で受講できるので、実質的な無料レッスンとなります。

しかし、50回以上のレッスンを経験している講師や日本語OKの講師などに加え、無料レッスンを提供している講師を選べます。無料でレッスンを提供しているのはスキマトークで講師を始めたばかりの講師が多いようです。

「無料」とはいえデポジットとして9コイン(1コイン125円)の購入が必要です。レッスン後に後レビューを書くことでデポジットが返却されます。

初回受講時にこういった無料レッスンを選んで事実上の無料トライアルとするのもアリです。

新しい講師の評価を集める方法としていいシステムですね。

なにを話したいかをはっきりさせとくべき。

担当してくれた講師はふだんデザイナーとして働くアメリカ人女性でした。

フリートークでしたが、さすがきれいな英語で話題の引き出しも多く、レッスン後のレビューでもわたしのウィークポイントやいい点について細かく書いてくれるなど、無料ながらもちろんレッスンに手抜きはありません。

特に新しい講師やフリートークで言えることだと思いますが、「自分から話す」姿勢はとても重要だと思います。

相手も手探りな部分があるので、言いたいこと、スキマトークでやりたいこと、をはっきりさせてレッスンに望むとレッスンがより効果的になる気がします。

講師の自主性が尊重されている。

あくまで今回のフリートークレッスンの印象ですが、他の(とくにフィリピン人講師中心の)スクールでのレッスン(フリートーク)に比べ講師にまかされている部分が多い印象をもちました。

スキマトークとして無料トライアルがないと書きましたが、多くのスクールが初回受講時にレベルチェックが中心になるのに対して、スキマトークでは(結果としてレベルはもちろんわかりますが)システムとしてのレベルチェックがなく、ほんとに講師とのフリートークでした。
講師は世界各地からレッスンを提供しているため24時間開講です。講師選択時のフィルタリングも便利で、講師からのメッセージも一覧できて見やすいです。

タイミングによっては無料レッスンを提供している講師も見つかるので、ぜひ試してみてください。

 

参考:ネイティブと毎日定額トーク。/スキマトーク

参考:ネイティブオンラインレッスンのスキマトークに「毎日プラン」が登場。