日本人に英語を習うメリット3つ。

 

英語を習うならネイティブに!

そう思う方も多いと思います。もちろんネイティブ・スピーカーに習うメリットはたくさんありますが、日本人に習うメリットもあるんです。

ここでいう「日本人」は帰国子女など小さい頃から英語に触れていた人ではなく、非ネイティブとして英語を教えられる日本人を指してます。

また、習う側も子どもではなく、目安としては中学生以上の方を想定しています。

わたしが考える日本人講師に英語を習うメリットは以下の3つです。

スポンサーリンク

1.困ったときに日本語が使える

特に英語・英会話を始めたばかりのときは言いたいことすべてを英語で伝えるのは困難です。言いたいことが言えないとき、身振り手振りを交えて英語を絞り出すのも手ですが、流れにまかせてわからないことは日本語を使ってしまうのもありです。

会話の流れがとぎれずストレスがありませんし、日本人講師なら文脈上どんな英語を使うべきか適切に判断してくれます。

2.話せるようになるまでの方法を知っている。

バイリンガルな帰国子女を含むネイティブ・スピーカーはわたしたちがいつの間にか日本語が話せるようになったように、「自然に」英語が話せるようになった方が少なくありません。

バイリンガルの日本人にはいざとなれば日本語も使える一方で、「どうやって英語を話せるようになったか」については参考にならなかったりします。

自力で英語を身につけた方は英語が使えるようになるまでのノウハウを知っていますし、それは大いに役に立ちます。単語の覚え方、発音のコツなど日本人だからこそ共有できるポイントはとても貴重です。

3.発音が真似しやすい

ネイティブの発音はきれいでかっこよく聞こえたりもしますが、そのまま真似するのはかんたんではありません。

日本人による英語の発音なら、頑張ればかなり近いところまで真似できます。なぜなら日本人講師の発音は「意識して」身につけたものだからです。

ネイティブの発音でなくても外国人のコミュニケーションは可能です。現実的に「真似できる」発音を修得するのが「使える」英語をマスターするポイントです。

いかがでしたでしょうか。ネイティブ講師、日本人講師それぞれにメリットがあります。特徴を理解して自分に必要なレッスンを理解して受講すると効率よく英語力を高められると思います。

「とにかくネイティブ」ではなく、「状況によって日本人講師」も検討してみてください。

 

コメントを残す