英語を学ぶには日本語の情報量も重要な理由。

 

英語や英会話を学習しようとするとふつうは英語とはなんたるかを学習することになります。

スポンサーリンク

英語の学習そのものはつまらない

単語や文法を覚えたり発音をチェックしたり。

これはとても重要ですが、いちばんの問題はこういった作業が「つまらない」ことです。

最近はアプリでもゲーム形式で学習できるものが増えたので、じぶんに合ったアプリさえ見つかれば必ずしも退屈ではないですが、「単語を100個覚えた!」とか「rの発音がきれいにできた!」は達成感こそあれ、それ自体が目的になりがちで、それだけで学習の継続をするのはなかなか難しい。

例えば野球の練習で素振りをやるとして、「良いスイングができた!」と思うことはあってもそれ自体は楽しくありません。

英語で何かを学習すると結果的に英語も学べる

料理でもピアノでもなんでもいいんですが、何か好きなことを学習するための手段として英語をやると、限りなく少ないストレスで英語が身に付きます。しかも英語を学習してるという感覚がないのに。

そもそも英語などの言語は研究対象としてのものを除けばツールなので、それ自体を学習するのはきついものなんです。

英語レッスンではテーマを決めるのが吉。

料理やスポーツが好きだけど英語で教えてくれるとこなんて近くにない、という問題はあります。

ですが、オンラインレッスンやカフェレッスン時のテーマに自分の好きな話題を選ぶだけでぐっとレッスンの密度が変わってきます。

スポーツでも旅行でも講師の国のことでもなんでもいいんですが、「伝えたいこと」があるテーマが理想です。誰かに決められたテーマでは言いたいことではなく言わされていることなので、記憶に残りにくいし、レッスン後にせっかく覚えた表現も使う機会がなかなかありません。

英語に限らずインプットがカギ

話したいことありきで学習するには、アウトプットするためのインプットが必要です。インプットが多いほど話題も増えるので、英語レッスンで使えるテーマも必然的に多くなります。

インプットを増やす最善の方法は好きなことを選ぶことです。好きでもないことをインプットするのは苦痛です。

旅行が好きならひたすら旅行についてのことを「日本語で」インプットすればいいんです。もちろん英語でできればそれがベストですが、日本語でインプットしておけば少なくともアウトプットする素材を持てるので、後はそれを英語に変換するだけです。

アウトプットの過程が家庭が効率的な学習になる。

変換する過程で必要な語彙や表現を学ぶし、話すことで発音も確認できます。講師との英語での会話はややたいへんかもしれませんが、会話のトピックは自分の好きなことなので、たのしいレッスンになる可能性が高いです。もちろん講師との相性も重要ですが。

講師がその話題に詳しい必要はありません。知らなければ教えてあげればいいだけです。

学生時代に英語が苦手な人が旅行や海外滞在をきっかけにすぐに英語をマスターしてしまうのは英語が目的でなく手段になっているからです。

英語・英会話学習が退屈だと思う方はぜひ一度「英語」ではなく「好きなこと」にフォーカスしてみてレッスンを受けてみてください。ぐっと気が楽になるかもしれません。

コメントを残す