英語漬けシェアハウス。外国人MBAホルダーによるレッスンも。

 

英会話スクールに通うのは時間的に難しい、もっと普通の生活の中で英語を話す環境が欲しいという人。留学せずとも日本で英語漬けになれる環境があります。

彩ファクトリーが展開する英語漬けシェアハウスは、「ラウンジでは英語を話す」というルールや週2回の英会話レッスンがあったり、国際交流イベントが実施されたりする英語を求める人にはたまらないシェアハウスです。

英語漬けシェアハウスは「外国人講師による週2回の英会話レッスンをシェアハウス内で開催」「共用ラウンジでは英語で話すルール」「毎月国際交流パーティーを開催」といった特徴があり、現在、大森、府中、福岡にて運営中。2015年11月には麻布十番にさらに上位版となる「英語中級者以上限定」「英会話レッスンの内容はMBAのエッセンスを扱った授業&ワークショップ(外国人MBA保持者が英語で実施)」の特徴を持つ英語漬けシェアハウスMBA版 Fespa麻布十番( http://irodorifactory.com/news/azabujubanopen )をOPEN予定です。
– via SankeiBiz(サンケイビズ)

彩ファクトリーはコンセプトシェアハウス事業として英語漬けシェアハウス以外にも国際交流、東大合格、シングルマザーのための子育て支援、起業家、と様々なコンセプトでシェアハウスを運営しています。 参考:彩ファクトリーウェブサイト

英語に関しては2015年11月に英語中級者以上に向けて外国人MBAホルダーのレッスンが受講できるシェアハウスを展開予定とのことで、日常レベルの英語では物足りない人にも魅力的な物件です。

社内公用語が英語になるケースはありますが住居内公用語が英語というのは新鮮ですね。

気になるのは英語レベルが合わないとコミュニケーションにストレスを感じそうなところですが、新たに展開される中級者以上向けの物件はその辺を解決する意図ももしかしたらあるのかもしれません。

英語漬けシェアハウスのひとつ、WILL府中のページには英語漬けシェアハウスの特徴として以下のように書かれています。

★外国人講師が英会話レッスンをレベルごとに週2回ずつ開催(上級、中級、初級を2回ずつ。グループレッスン形式)
水曜、日曜の21:00-24:00(初級、中級、上級1時間ずつ)開催予定
★ラウンジでは英語で話すルール(1日2時間話すだけで月に60時間のトレーニング量を確保)
★外国人講師が一緒に住みながら英会話をフォロー
★住人専用Facebookグループも全て英語(読み書きや言い回しの語彙力強化)
★20%以上の外国人入居者をキープ
★毎月国際交流パーティーを開催
★シアタールームでは「英語で映画鑑賞&ディスカッション」「英語でプレゼン」などイベントを開催
★シャドーイング、TOEIC攻略などの英語学習サークル

なんと定期的な英会話レッスンが受講できるだけでなく、「20%以上の外国人入居者をキープ」とあります。

やっぱり英語は日本人に話すより外国人に話すほうがテンションあがりますし嬉しい情報ですね。

サイト上には入居にあたって英語の試験的なものがあるとは書いていないので、英語に興味があれば現時点での英語力は問わないのかもしれません。

彩ファクトリーが運営する英語漬けシェアハウスのひとつ、WILL府中は2015年6月12日現在、サイト上で見る限り3部屋の空きがあるようなので興味のある方はお早めに問合せしてみてください!

関連記事:無料でネイティブに会話/チャット/添削をお願いできるサービスまとめ。

 

コメントを残す